MENU

全員に500万円の融資が保証されているわけではありません

借入限度額とは、アイフルを利用していくらまで借入することができるのか、という上限額のことです。借入限度額は総量規制という法律上の規制により、年収の1/3までに抑えられることになっていますが、実際にはそれよりももっと低い額になっていることが多いでしょう。特にアイフルを利用し始めたころには高くても50万円程度で、10万円〜20万円程度の限度額が設定されることも珍しくありません。これは、審査に通過しただけで、アイフルの利用実績がないままでは信用が少ないということで、いきなり大きな額の融資を避けるためなのです。

 

ホームページを見て500万円が借りられると思っていたのに…

「アイフルの公式ホームページや広告などで、極度額が500万円であるとうたわれているものを目にしたのに、話が違う!」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これはアイフルのサービス上融資を行うことができる上限の額ということであり、個人に対して500万円の融資を約束するものではないのです。そもそも、500万円の融資を受けるためには、総量規制で年収が1500万円以上ある場合にしか借りることができない額ですし、実際には極度額の半分である250万円を借り入れるというケースもなかなか見かけることはありません。

 

アイフルでの信用を積み重ねることが大切です

とはいえ、10万円程度の借入では足りないということもあるでしょう。そんなときは、利用限度額の増額を希望することができます。しかし、限度額の増額には改めて審査を受ける必要がありますし、その時点でアイフルの利用実績を重ねて、信頼関係が出来上がっていなければなりません。つまり、借入と返済を行うことを通じて、アイフルでの信頼できる実績を積み重ねることが大切なのです。そのため、アイフルでの延滞などの履歴があっては限度額の増額の希望は通りづらいでしょう。万一延滞があった場合にはすぐに返済し、少なくとも半年程度の期間を空けてから限度額の増額を希望するようにしましょう。

 

借入限度額

総量規制という法律上の規制によって、融資する側にとっても、借入する側にとっても、無理のない金額の金融が行われることが目指されています。返済能力を超えた額の融資があっては、利用者が返済することができず、貸し倒れとなってしまうことはなんとしても避けなければなりません。そのために、総量規制での制限よりもさらに低い限度額が設定されることも、はじめのうちは仕方のないことなのです。確実な借入と返済の実績を積み重ねることで、貸し倒れになるリスクがないとアイフルが判断できれば、限度額の増額も可能ですから、まずは計画的に少ない額から利用し、アイフルとの信頼関係を築き上げるようにしましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル