MENU

信用できる人だとわかってもらいましょう

アイフルを利用する場合には、アイフルの実施する審査を通過する必要があります。これは、年収や職種といった個人の属性から、他社での借入状況、家族構成など、多方面から利用希望者のことを審査し、貸したお金がしっかり帰ってくるかどうかということを判断するものです。上記のような項目は、数値化されてその合計によって判断される(スコアリングと言います)ことになるため、ひとつの項目があまり良くない評価であっても、ほかの項目でカバーできるということがあります。審査の際に申告する項目については、正確かつ正直に、できるだけ数値が良好になるように記入するようにしましょう。

 

申告は入念・慎重に!虚偽はもちろん、ミスもご法度です

固定電話があるのに携帯電話しか番号を記入していないとか、審査を有利にするために、本当は借入があるのに他社での借入をゼロと申告するような虚偽の報告は、当然行ってはいけません。ほかにも、住所や生年月日など、細かい記入ミスなどがないようにしっかり気を配りましょう。虚偽情報であると判明した場合には審査を通過することは難しいでしょうし、それが記入ミスであっても同様です。審査は基本的に利用希望者が信頼できるかどうかを推し量るものなのですから、申込はすべて正確かつ正直に行われている必要があります。審査はコンピューターを使うことが多いとは家、最終審査は実際に審査担当者が直接判断することになりますので、不自然な記入などはすべて調査されることになります。

 

信用情報に傷はありませんか?

審査に際して、個人信用情報の照会が行われることになっています。これは、他社での借入などはもちろん、クレジットカードなど、あらゆる借入・返済の状況についての履歴で、延滞などのトラブルがあったことも記録されています。他にも、他社へのカードローンの申込なども記録されていますから、あまり短期間でいろいろなところにローンを申し込んでいるとなると、お金に困っているとみなされ、審査を通過できなくなってしまうでしょう。

 

ブラックリストへの登録だけは避けましょう

うっかりミスであれ、意図的なものであれ、延滞が発生した事実はしっかりと信用情報に履歴が残ります。延滞は基本的に6か月間信用情報に残り続けることになりますので、一度延滞が発生すると、6か月間は審査に大きなマイナスポイントがあるのだと把握しておきましょう。また、延滞期間が3か月以上となってしまったり、債務整理(自己破産など)を行ったことは、5年〜10年程度、どこの金融機関でも融資を受けられないということが一目でわかる状態の信用情報となってしまいます。これがいわゆるブラックリストです。万一延滞が発生してしまった場合には、すぐに返済するようにして、ブラックリストへの登録だけはなんとしても避けたいものです。

 

アイフルの審査を通過するために大切なこと

お金を貸す側にとっては、貸したお金がきっちり帰ってくるものかどうか、という不安があることは当然のことです。よく気心の知れた仲ならまだしも、消費者金融は全くの他人からの申込を審査するわけですから、慎重になることもまた当然です。
そんな時に、過去にトラブルを起こしていたということがあったり、年収が低いのに高く申告していたり、記載されている連絡先に電話がつながらなかったり、ということがあっては、すすんでお金を貸したいとは思わないでしょう。
そうした気持ちを理解することが、審査を通過するための心構えなのかもしれません。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル