MENU

アイフルを利用するため流れについて

今では、CMや広告などで頻繁に目にするようになった大手消費者金融のアイフル。耳にしたことがある人も実際に利用したことがある人も多いことでしょう。キャッシングを利用する上で最も大切なことは大手の会社を利用することだと言われています。大手にはそれまでに培ってきた安心・安全・信頼があるからです。しかし、実際に利用するとなると、未だにアイフルの利用の仕方がわからない人は多くいるはずです。今回はそんなアイフルを正しく便利に活用するための方法を紹介します。まず、本題に行く前に1秒診断について紹介します。1秒診断とはアイフルのホームページで受けられる仮審査のことです。生年月日や年収などを入力するだけで簡単に仮審査が受けられその名の通り1秒で審査結果が分かります。申込を行う前に1度試してみると良いでしょう。

 

自分に適したコースを利用しよう

 

一概にキャッシングと言ってもその借入方法はいくつもあり、様々なコースが用意されています。もちろんアイフルも同じです。アイフルは充実したサービス性に定評があるためいくつもあるコースの中から自分の立場に見合ったものを見つけることができます。コースごとによって書類や返済方法なども異なるためできるだけ自分の希望するものを選びましょう。自分に適さないものを選び滞納してしまったでは元も子もありません。何度も言いますが自分に見合ったコースを選んで下さい。

 

アイフルが利用できる人とは?

 

コースごとにより多少の違いはありますが、アイフルの利用条件としては20歳?69歳までとなっており、審査で最も重視されることは返済能力の有無になります。年齢に関しては特に指定されているわけではないのですが、70歳以上の方は新規の借入が利用できないと言われています。そして返済能力に関してですが、これは金額の多さではありません。安定した収入源が確保できているのか、ということですので収入が安定してさせえいれば派遣社員やパート、アルバイトの方でもアイフルを利用することができます。また、アイフルにはプレミアムカードローンと呼ばれる23歳?59歳の方のみが利用できるコースも存在します。これはアイフルを初めて利用する方限定のカードローンですが、使途が不問なのも特徴です。いずれにしろアイフルは安定した収入源があれば誰でも利用することができます。

 

アイフルに申し込むには?

 

アイフルの申込は店頭窓口や自動契約機でも行えますが、おすすめの方法はネット申込です。ネット環境さえあれば24時間申込を受け付けており、審査結果までもネットで受け取ることができます。そのため万が一通過しなくとも無駄足を踏むこともありませんし、なにより待ち時間を短縮することができます。また、「わんポチッと」というコースでは必要書類なども携帯で撮り、送付してから審査が始まります。しかし「目的ローン」の場合にはネット申込が行えないため注意してください。即日融資が希望の場合にはネット申込がおすすめです。だた、窓口や自動契約機に来店の際は身分証明書を持参することを忘れないようにしてください。

 

アイフルに必要な書類とは?

 

上記もした通り、アイフルを利用するにはまず身分証明書が必要になります。具体的には運転免許証・健康保険証・パスポート・住基カードが有効です。外国人の方は特別永住者証明書・在留カードが必要ですので注意してください。もしも現住所と記載された住所が違う場合には住民票などが必要になります。これらは全て写しでの提出で大丈夫です。また、最近では収入証明書が不要な会社も多いですが50万円を超える借入他社との借入総額が100万円を超える借入を希望した場合には収入証明書の提出が要求されるため自分の希望する金額を改めて見直しておきましょう。源泉微収票・確定申告書・住民税決定通知票・所得証明書などが有効です。しかし「目的ローン」の利用の際は、さらに利用目的の証明が必要になります。ブライダルローンで例えると領収書・請求書・見積書・予約確認書が有効と言えます。いずれにしろ何が必要になるかは事前に確認しておくことが大切です。

 

まとめ

 

アイフルを利用するための流れや条件などは分かっていただけたでしょうか?申し込むにはコースごとによって多少の違いはありますが、全てに共通して言えるのは安定した収入源があるかどうかです。また、アイフルとの信頼関係も大切ですので嘘の申告などは絶対に避け、返済日もしっかりと守るように心がけてください。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル