MENU

会社により条件は違うが特定日数利息が付かないサービス

大手消費者金融の中で当たり前のサービスといえば、即日融資が代表的でした。しかし現在即日融資はどの消費者金融も採用し始めた為に、自社を選んで貰える一番の売りにならなくなってきています。その中でこれから大手全てに広がっていくのが、無利息期間というサービスです。大手ではプロミスが有名でしたが、最近アコムが無利息期間を新たに設け始めて、顧客獲得の競争が激しくなってきました。こうなると携帯電話キャリア会社や、牛丼チェーンの値下げ競争と同じなのです。つまり「ウチだけがやらない訳にはいかない!」という対抗意識が、ますます無利息期間を広げていきます。会社としては泥沼を歩き始めているのですが、借りる側としては無利息期間は最高のサービスなのです。

 

給料日待ちの際に最適

 

無利息期間は会社によって多少条件が違いますが、簡単に言えば特定日数利息が付かないサービスです。筆頭であるプロミスでいうと、初回利用時に30日間の無利息期間が付きます。つまり給料日前にピンチを迎えた時に融資を受けて、給料日に返済すれば元金だけの返済で済むわけです。無利息期間がある分、いざ利息が付き始めたら他より高いというわけでもありません。長期返済計画を練っている場合にも、30日分利息が付かないのはお得なので、初回利用であれば無利息期間の消費者金融を優先しましょう。

 

無利息期間というポイント還元

 

ただし毎回これでは消費者金融側に利益が無いので、基本的に無利息期間は初回限定のサービスになっています。店視点から見るキャッシングの際の最大の壁は、初回利用を如何にして貰えるかに尽きます。まずはキャッシング未経験者に共通する、お金を借りるのは怖いというイメージを変えたいのです。簡単に言えば、クレジットカードの入会特典のようなものです。初回ご利用時にポイントをキャッシュバックするのが、クレジットカードの特典としては一般的です。キャッシングの場合融資になるので、利息分をポイント還元としてサービスするという形になっているだけです。2回目以降の無利息期間は、キャッシングカードのポイント次第という所が殆どです。とはいえポイント自体も複数回利用して完済しなければ貯まらないので、次回の無利息期間の利用は暫く後になります。しかし、何度も繰り返しキャッシングを利用するというのはそれはそれで資金繰りや生活に問題があるので、2回目の無利息期間の利用をする方は少ないでしょう。

 

キャッシングは使い方次第

 

無利息期間における会社の目的は、キャッシング利用のハードルを下げる事です。サラ金と呼ばれていた時代や演出過剰のドラマのせいで、お金を借りるという事自体への忌避感は昔から強いものでした。しかし、個人的には友人や家族にお金を借りる方がトラブルの発生率は高いと思います。人間関係を壊すリスクを負ってまで、人にお金を借りる事はありません。キャッシングで利息という手数料を払うだけで、何のトラブルもなくピンチを乗り切れるのだと考えましょう。キャッシングに限らず、世の中のサービスは自身の使い方次第なのです。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル